Haut de page.

ヒストリー

スプリングコートは、クレーコート用に製造された初めてのテニスシューズです。

1936年、ジョルジュ・グリムメイセンによって、開発されました。ソールに4個の空気穴(通気孔)が施されているのが特徴です。 人気を博した1960年代、スポーツシューズの域を超え、都市文化再生のシンボルとなりました。

1870年

グリムメイセン家とラバーの歴史

1870年、アルザスの樽職人セオドア・グリムメイセンは、故郷を離れ、パリ近郊に工場を設立します。彼の息子は、樽の完璧な水密性を実現するため、ラバーに目を向けます。

 

Georges Grimmeisen

ジョルジュ・グリムメイセン セオドアの孫ジョルジュ・グリムメイセンもラバーに魅せられ、1930年、一体成型で完全防水のラバーブーツ、「コリブリ」ブーツを開発します。

1936年

スプリングコートの誕生

1936年、テニス好きのジョルジュ・グリムメイセンによって、スプリングコートの誕生です。コットンキャンバスとバルガナイズ製法のラバーソールを用いた、通気性のよい革命的なシューズでした。

このクレーコート用テニスシューズは瞬く間に広まり、プロ、アマ問わず、多くのプレイヤーたちに使用されるようになります。70年代後半まで、コート上で一世を風靡しました。 現在は、ジョルジュの息子、セオドア・グリムメイセンが、代表を務めています。

1960年

テニスコートから街へ

人気絶頂の1960年代、スポーツシューズが、初めてスポーツの域を超えて利用されるようになります。イベントのときも、ダンスのときも、日々の暮らしの中にスプリングコートがありました。ロックスター、アーティスト、あらゆる人々に受け入れられました。型にはまらず、控えめながら個性をしっかりと表現するシューズとして愛されました。スプリングコートはその誕生から、2,500万足以上売れています。1990年代に入って、さらに、モード界で脚光を浴びることになります。

都市文化を新たに表現するスプリングコートのスタイルが確立します。コレクションは流行の変化を取り入れながら、しかしオリジナルの型はずっと守り続けられています。


ベルヴィルの工場

1870年、当時樽職人のセオドアが設立した工場は、パリ11区に位置し、現在までTh. グリムメイセン社の本拠となっています。 19世紀、パリ近郊は徐々に変化し、工場のあるベルヴィル地区は、パリの下町となりました。

2014年、ベルヴィル工場は、再びスプリングコートの本拠となります。 現在は、スプリングコートの発展に関わる多方面に活躍する企業を迎え入れる場となっています。
1929年

ここ25年間で全面改修を行った工場では、オーディオビジュアル、写真、音楽、建築分野の様々な活動が行われる場となります。

商品一覧へ